ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-06-23 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース
2021年02月22日 14:34
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分告知書」提出を要求
恐喝未遂報道受け事実確認へ

民団中央本部選挙管理委員会が20日、次期中央団長に立候補を表明ししている任泰洙候補に対し、「不起訴処分告知書」の提出を求めた。選管委は「事件化しなかったことを証明するため」としている。

選管委が任候補にあてた書簡全文は以下。

****************************************************************************************

 

 

任泰洙選挙事務所
中央団長立候補者 任泰洙 貴下

「不起訴処分告知書」の提出について

 

中央選挙管理委員会は、貴下が係わったと報道された恐喝未遂事件について、事実関係を明白にするため、「不起訴処分告知書」を速やかに提出するよう求めます。

1.提出書類:「不起訴処分告知書」
2.提出期限:2021年2月25日(木)15時まで
3.「不起訴処分告知書」の提出を求める理由

(1)恐喝未遂事件について、読売新聞東京版夕刊(2004年11月22日付)、北海道新聞(11月23日付)に貴殿が逮捕されていた事実が判明。

(2)貴下は、2021年2月7日、本事件の弁護人の経過説明として「調査の結果、恐喝未遂とは全く関係ないことが判明し、事件になりませんでした」と、全国の有権者に文書を送付しています。(事前に選挙管理委員会の承認を受けていない。)
これに対し、事実関係について、上記文書も本人も、不起訴になったことを言明していません。弁護士に確認したところ、この疑義を明らかにするには、当時の未遂事件が不起訴であったことを証明する「不起訴処分告知書」を提出すれば、即時解決するとの回答です。

(3)「不起訴処分告知書」は本人または当時の事件担当の弁護人が地方検察庁に請求すれば、「検察官は速やかにその旨を告知しなければならない」(刑事訴訟法第259条)となっています。すぐにでも「調査の結果、恐喝未遂とは全く関係ないことが判明し、事件に」ならなかったことを明白に証明できます。


2021年2月20日
在日本大韓民国民団中央本部
選挙管理委員会
委員長 辛容祥

뉴스스크랩하기
ニュースセクション一覧へ
新中国連邦は中共消滅闘争の灯台
【新連載】ソウルを東京に擬える 第1...
政変前夜の韓国 大統領選はあるのか
朝鮮学校の高校無償化除外裁判
デイリーNK・高英起の 髙談闊歩 ―...
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
「東洋哲学」の問題
「ニュー・ノーマル」はノーマルなのか?
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
自由統一
金正恩資金を守る文在寅の外交安保特補
金日成王朝3代 世襲独裁の末期症状
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません