ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年02月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「韓国演劇運動史」(柳敏榮著/津川泉訳)

 今、韓国の演劇と聞いて真っ先に浮かぶのがミュージカルという人は多いだろう。一方で、1900年代半ばにブロードウエイ・ミュージカルに関心を持ち、韓国演劇界の未来を想像し、その深化に寄与した一人の韓国人がいた。そこから今日までいかなる紆余曲折があったのか。
そもそも韓国で演劇はどのように発展してきたのか。前提として、演劇は机上の個人芸術ではなく、行動の芸術であると著者は解説する。「観客を前に、俳優が直接、言語を通じて伝える芸術ゆえに、訴える力を持つばかりでなく、扇動的な側面も持っている」とし、社会情勢と切り離しては捉えられない成り立ちも示唆している。
本書は、開化期、日本新派との関わり、民族自覚、暗黒と混沌の時期、戦争、再建の道、産業社会と演劇多様化という大きな流れで、韓国の近代以降の演劇史をまとめたものだ。ほぼ700ページに及ぶ大作である。演劇活動に関わっている人でなくとも、時代背景とともに一つの芸術が形作られるさまを理解することは、知的好奇心を十分に満足させてくれるはずだ。
風響社刊
定価=4000円(税別)

2021-02-17 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません