ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年02月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「オビー」(金恵珍著/姜芳華・尹朋美訳)
現代の不安定な若者たちの雇用問題や社会とのかかわりを描いた9編を収録

 「少し話さない?」同僚にそう言われて「話すことなんてありません」と言い切ることはなかなか難しい。オビーはそういう人だった。読者は、少し変わっているがゆえに世間に馴染めないオビーの振る舞いを「私」の描写で追いかけるのだが、少しずつ世の中の袋小路へ入り込んでいるのが実は「私」であることに気づいていく。
本書は、2016年に「今年の問題小説」に選ばれた表題作をはじめ、12年のデビュー作『チキン・ラン』から4年間に発表された短編9作品が収められている。登場人物は皆、人生の大半が思い通りに行かない人々で、つまりは私たちの誰でもあり得る。解雇に抗議するため段ボールの着ぐるみを作って一人デモを続ける母親、母親を手助けしているうちに、自分がアルバイトの契約を切られてしまう「僕」、再開発のため強制撤去部隊に雇われ四番と五番と呼ばれる男たち、そして市民運動家の女、恋人が去っていった痛みを縄跳びで忘れようとする「僕」など、韓国社会で普通に見かける人々だ。中でも『チキン・ラン』に登場するチキン配達員の置かれた状況は、現代の社会問題が山盛りで相当に悲しいが、同時にかなり滑稽でもある。「簡潔な文体と淡々とした描写」に定評のある著者の世界が心ゆくまで堪能できる。
書肆侃侃房刊
定価=1800円(税別)

2021-02-17 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません