ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年02月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ~新番組「走る捜査官」

韓国の国家人権委員会をモデルに、事件の裏に隠された真実を暴く骨太社会派ドラマ©STUDIO DRAGON CORPORATION

 韓国の国家人権委員会をモデルにした仮想の組織「人権増進委員会」の調査員たちが、社会で起こる人権侵害の実情に体当たりで向き合い、真実を暴くため活躍する姿を描く。
もどかしい現実に痛快な一撃を与える「サイダーコンビ」を演じるのは、実力派俳優のイ・ヨウォンとチェ・グィファ。イ・ヨウォンは徹底して中立を守る冷徹な原則主義者ハン・ユンソに、チェ・グィファは並々ならぬ正義感を持った検事出身の行動派調査官ペ・ホンテに扮する。
人権問題解決のために全員が力を合わせて立ち向かう姿は、まさに痛快そのもの! 日本初放映。

◆ストーリー

 ハン・ユンソは、人権侵害の有無を判断する人権増進委員会(人権委)の総括調査課に属する調査官。理性的なユンソは、確かな証拠をもとに人権委でタサン市のチョ市長が起こした女性秘書へのセクハラ事件を追及していた。有名政治家の隠された本性を暴き、一躍注目を集めた国家人権増進委員会。そこへ元検事のペ・ホンテが異動でやってきた。調査官ハン・ユンソは就任早々、ホンテの自分勝手な行動に苛立ちを募らせる。
そんな中、ユンソたちの元に新たな調査の依頼が飛び込んでくる。2人は対立したまま事件の調査に乗り出すことになり…。

◆放送予定

 【一挙放送】2月20日(土)、27(土)、いずれも午前9時15分~(5話連続)、DATVで。

2021-02-17 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
在日民団50年ぶりの紛糾 
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
民団大阪も一騎打ち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません