ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年02月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
PM2.5とミツバチ 韓国研究チームが発表

 韓国の研究チームが、PM2・5の濃度増加はミツバチの行動に影響を与えることを突き止めた。国立山林科学院は3日、微小粒子状物質濃度が1マイクログラムミリ立方メートル増加すると、ハチが花のミツを探す飛行時間が32分増加した、と発表した。調査は、国立山林科学院とソウル大学の鄭守鍾教授研究チームの共同研究で行われた。PM2・5による花粉媒介活動に関する研究は、世界で初めてとなる。
ミツバチの平均飛行時間は以前は45分だったが、高濃度以降では77分で1・7倍増えた。2017年4月27日から5月7日まで、ミツバチ400匹に無線周波数識別装置を標識した後、高濃度超微細粉塵発生前後のミツバチの飛行時間を比較した結果だ。PM2・5の濃度が高い春に、ミツバチの採蜜活動に影響を与えると分析されている。

2021-02-17 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません