ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年02月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 新聞という媒体には、情報量に制限がある。ページ数が限られているため、記事や写真が掲載されるスペースがおのずと決まってくるからだ。ネット媒体にはない、既存メディアならではの悩みといえよう▼この悩みにも2種類ある。ネタが多ければ記事を削らなければならず、逆にネタが少ない時は追加の情報を得るのに苦心する。幸いなことに、文在寅政権は格好のネタを提供してくれるのだが、最近になってネタを探すのに苦労する欄ができた▼情報ネットワークというイベントの告知コーナーなのだが、以前は数多くの候補から選択していた。しかしコロナ禍で相次いでイベントは中止。最近ではオンラインイベントさえ少なくなってきた▼ただ、これは小さな新聞の小さな欄の小さな悩みである。イベントが中止になるということは、関連する仕事に従事する人にとっては、仕事そのものがなくなることを意味する▼数字は如実に物語る。韓国統計庁の「1月の雇用動向」によると、いわゆる第3波による経済への影響は、昨年春の第1波当時より深刻となっている。日本に目を向けても、雇用が維持できなくなると各企業が悲鳴をあげている。在日同胞も景気の悪さを口にしている▼一方、小売りや飲食業のなかには、生活様式の変化に合わせ、EC販売やデリバリーなどに切り替え、業績が好転した企業もある。未曽有のコロナ禍とはいえ、どこかにチャンスがあると捉えたい。荒波を乗り越えてきた在日同胞には底力があるはずだ。

2021-02-17 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません