ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年02月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「鬼滅の刃」韓国で公開
若者世代中心に人気

 1月27日に韓国で公開された映画『鬼滅の刃~無限列車編』が、初日に6万5681人を動員しボックスオフィス1位になった。翌28日の午後には、ソウル木洞のメガボックスでオリジナルチケットとキャラクターカードが品切れになるほどの人気だった。
韓国では日本製品不買運動のため、不必要な論争を避けようと封切り前まで積極的なメディア宣伝はなされなかった。主人公の耳飾りが旭日旗を連想させるとの抗議でデザインを変更する一幕もあった。
しかし韓国には、若者を中心とした熱烈な鬼滅ファンがいた。メガボックスが封切り日にメンバーシップ会員を対象に年齢層を分析した結果、10~20代が全体の70%以上を占めたという。彼らが口コミで広め、観客層が拡大し始めた。CJ・CGVやロッテシネマなども今月3日から拡大封切りを決定した。「好きなアニメを楽しみたい」というファンの気持ちは、どの国でも同じである。

2021-02-10 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません