ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年02月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
スマホ利用のネット取引増加
コロナ禍で飲食デリバリーが活性化

 統計庁は3日、「2020年オンラインショッピング動向」を発表した。
それによると、20年のパソコンやスマートフォンによるインターネット通販の取引額は、武漢コロナウイルスの感染拡大の影響で非対面取引の需要が伸びたことから、前年比19・1%増の161兆1000億ウォンで、統計を取り始めた01年以降で最大となった。
特に飲食デリバリーサービスの増加幅が大きく、前年比で78・6%増となった。
飲料・食料品は48・3%増、生活用品が44・1%増と日常生活に密接しているものの取引が大きく伸びた。
一方、コロナ流行を抑制するために行動制限や移動制限などが敷かれたことから文化・レジャーサービスの取引額は69・3%減、旅行・交通サービスも53・3%減となった。
スマホなどモバイル機器を利用した取引額は前年比24・5%増の108兆7000億ウォンで、過去最高を記録。モバイル機器を使った取引額が年間100兆ウォンを超えたのは昨年が初めてとなる。
一方、インターネットを通しての海外サイトでの購入額は前年比13・0%増の4兆1000億ウォンで、過去最高を更新した。半面、海外からの韓国サイトでの購入額は前年比0・6%減の6兆ウォンとなり、14年の統計開始以降、初めて減少した。

2021-02-10 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません