ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年02月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 韓日関係は、なかなか改善の兆しがみえない。対立は政治・経済・外交・安保などの全方位で深刻化している▼慰安婦や徴用工訴訟といった長期にわたる問題が解決されないまま、新たに姜昌一駐日大使のアグレマンや国防白書の記述をめぐる懸案が浮上している。問題は積み重なっていく一方だ▼この状況を、米国も座視できない。文在寅大統領とバイデン大統領は4日、電話会談を行い、双方が「韓日関係の改善と韓米日協力が地域内の平和と繁栄に重要だ」と明言した。韓日関係修復の必要性を申し合わせたとのことだが、対米関係さえ危ぶまれているなか、この発表を額面通りに信じることは難しい▼韓日関係悪化の矢面に立たされるのは、今も昔も在日同胞だ。国家間の問題という、個々人の力が及びにくい事柄とはいえ、しわ寄せは確実に来る。コロナ禍により、草の根交流の道も断たれたままだ▼この八方ふさがりの状況で、民団中央の三機関長選挙が行われる。議長と監察委員長は、現職が単独候補として立候補しているが、団長選挙は6年ぶりの実施となる。選挙戦を通じて、有権者だけでなく、全団員が今の民団のあり方を真剣に考える好機といえよう▼両団長候補とも所信表明で、韓日関係改善に触れている。「友好セミナー」を定期的に開催(呂候補)、韓日の有識者による諮問委員会を構成(任候補)など謳っているが、コロナ禍の中での開催は難しいだろう。両団長候補には、固定観念を覆し、いい意味での波風を立ててもらいたい。

2021-02-10 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
団長・議長への横暴な「辞任勧告」
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません