ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年02月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新韓金融 9年連続で「グローバル100大企業」
韓国ESG経営の先駆者

 新韓金融グループ(趙鏞炳会長)は、「グローバル持続可能経営100大企業」に9年連続で選定された。国内企業の中では唯一。アジアの金融機関各社の中ではランキング1位、世界の企業の中では83位となる。
グローバル100大企業(以下Global 100)は、カナダのメディアグループ兼投資リサーチ機関「コーポレートナイツ」による評価指数で、今年で17周年を迎えた。毎年8080社(売上高10億ドル以上の上場会社)を対象とした環境経営型金融、温室ガス及びエネルギー減縮率、理事会のリーダーシップなど43項目のESG成果指標を基に指数を算出している。
新韓金融は2013年に「グローバル100大企業」に選出されて以来、毎年ランクインを果たしている。
世界の金融機関の中で新韓金融より上位にランクインした企業は、ブラジル銀行、INGグループ、BNPパリバ、ナショナルオーストラリア銀行、インテサ・サンパウロなどで、世界ランキングとしては11位に位置している。
趙鏞炳・新韓金融会長は「『Zero Carbon Drive』など、これまでグループレベルで様々なESG活動を推進してきた努力が実を結んだ。韓国の持続可能経営を率いるリーディング金融企業として、ESG経営の成果をより客観的に測定・定量化するなど、ESGシステムを持続的に発展させるよう努める」と語った。
新韓金融はこれに先立ち、昨年は脱炭素経営評価で最高等級を獲得していた。系列企業である新韓銀行(晋玉童頭取)は、コロナ被害支援に向けてカンガルーボンド4億豪州ドルを発行。新韓カード(林永鎭社長)は、低所得者支援のためのソーシャルボンドを4億米ドル発行するなど、ESG関連投資と金融支援をグループレベルで積極的に行っている。
ESGは、環境(Environment)、社会(Social)、統治プロセス(Governance)の頭文字をとった言葉で、企業の非財務的成果を測定する指標を意味する。
韓国経済界ではサムスンやSKなどを筆頭に、企業発展のキーワードとして数年前から浸透し始めた。ESG成果の高さに比例して企業の成長持続可能性も高まるとされており、企業間では「選択ではなく必須」との認識が広まった。
新韓金融はESG経営のリーディング企業だ。韓国企業の中でESGシステムを最も早く導入している。
(ソウル=李民晧)

2021-02-03 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません