ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-12-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年02月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
速報 統計ニュース

年初輸出額、10.6%増
半導体、無線通信機など好調


関税庁は先月21日、1月1~20日までの輸出関連データを発表した。それによると、輸出額は282億3000万ドルで、前年同期に比べて10・6%増加した。今年の輸出の滑り出しは好スタートとなった。
品目別では、昨年夏頃から需要が回復した半導体が、前年比で11・6%増と好調を維持した。スマートフォンの新製品発売の影響を受け、無線通信機器が前年比60・5%増と大幅に伸びた。主力製品である乗用車も15・7%増と好調だった。一方、石油製品は45・6%と大幅に減少した。
輸入額は1・5%増の285億9800万ドル。半導体関連が22・5%増、無線通信機器は20・5%増、機械類6・2%増など、資本財の輸入が大きく増えた。
韓国の輸出をけん引する半導体は、武漢コロナウイルス感染症の拡大と第4次産業革命関連の先端製品の販売が増えることで、需要が着実に増加。産業通商資源部は、今年の半導体輸出は1075億~1110億ドルと過去最高レベルになると予測している。

コチュジャン輸出、5千万ドル超
東南アジアで需要拡大


韓国農水産食品流通公社(aT)は先月25日、食品産業統計を発表した。
それによると、2020年の韓国のコチュジャン(トウガラシみそ)輸出額は5093万ドルで前年比35・2%と大幅に増加した。
コチュジャンの輸出額は16年は3133万ドル、17年は3197万ドル、18年が3681万ドル、19年が3767万ドルと、増加傾向にあったが、昨年の伸びは著しく一気に5000万ドルを超えた。
輸出先をみると、タイで113・2%増、フィリピンで55・8%増など東南アジアで拡大した。中国は17・3%増、日本が10・3%増と主要輸出国でも好調を維持した。
aTは「コロナウイルスの感染拡大後、行動規制などから在宅時間が増え、ネット需要が高まった。動画配信サービスを通じて韓国ドラマに接し、韓国料理に関心を持つ視聴者が増えた。そのため韓国料理に欠かせないコチュジャンの輸出が増加した」と分析した。

旅行会社、映画館の倒産増
コロナ被害の影響が顕著


新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの旅行会社、映画館が、倒産したことが明らかになった。
韓国観光協会中央会は先月26日、昨年末現在の旅行会社の状況を発表した。
それによると旅行会社数は前年度に比べて636社減少し、2万1647社となった。
このうち海外旅行を扱う会社は8984社で同482社減、国内旅行を扱う会社は6800社で同99社減、海外・国内旅行の両方を扱う会社は5863社で同55社減となった。
コロナウイルス感染拡大に伴う各国の入国制限で海外旅行が事実上不可能になったことに加え、国内旅行需要も冷え込んだことが影響したと見られている。
一方、商街情報研究所は26日、全国で昨年廃業した映画館数を発表した。
それによると廃業数は81館で、前年度の43館の2倍近くに上った。これはリーマン・ショックが起きた2008年の88館以来、12年ぶりの高水準となる。
映画館の廃業数は首都圏が27館、首都圏以外が54館だった。
映画館は、コロナウイルス感染拡大に伴い行動制限が敷かれたこと、さらにはコロナ対策として1席ずつ間隔を空けて座る、飲食を制限するなどの対策を取ったことで、観客数と売上高が急減した。さらに新作映画の公開が先送りされたことも観客の減少につながったと見られている。

輸入ビール、日本は9位に
前年比85.7%減


関税庁は先月28日、昨年の日本産ビールの輸入額は566万8000ドルとなり、前年比で85・7%減少したと発表した。
日本産ビールは、以前は韓国で飛び抜けて人気が高かった。18年には韓国の輸入ビール市場1位だったが、19年には中国産に抜かれ2位になり、昨年は9位まで落ち込んだ。
日本産ビールの輸入額は18年の7830万ドルをピークに19年は3975万6000ドルまで急減し、昨年はさらに減った。 輸入減少の要因は、日本政府による19年の対韓輸出規制強化を受け、韓国で広まった日本製品の不買運動によるもの。

2021-02-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
相次ぐ「再審無罪」の目的は何か
ソウルを東京に擬える 第7回 梨泰院...
「韓日関係の回復を公約」
第5回中央執行委員会開催
偽投票紙は中共産
ブログ記事
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
自由統一
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません