ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2021年02月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓米左翼政権 暴走と照応

 70年近く続いてきた韓米同盟のせいか、ここ20年ほどの韓米両国の政治は奇妙に照応している。韓国で盧武鉉左翼政権が登場した後、米国で極左のオバマ政権が出現した。韓国でいわゆる「民主化勢力」と、与党の裏切り者が結託して朴槿惠前大統領を魔女狩で弾劾した後、米国でも民主党とグローバリスト連合によるトランプ大統領に対する拒否と弾劾が行われた。
韓国の昨年4月の総選挙は、中共ウイルス・パンデミックを口実にした大々的な事前不正郵便投票と、中共と共謀した開票システムによる史上類例のない不正選挙=デジタル侵略だった。韓国の不正選挙は、米国の昨年11月の詐欺不正選挙のリハーサルだったような感じが拭えない。選挙を盗んだ勢力がメディアとビッグ・テックを動員して不正を既成事実化することも同様だ。
米国民主党と文在寅政権は、基本的に双子だ。中共党と緊密な関係者が多いという点でも同じだ。唯一かつ決定的な違いは、金正恩体制に対する姿勢だ。カマラバイデン政権は、迷走しながらも北韓を獲物として狙っている。一方、文在寅政権は、金正恩の獲物になろうとしている。

2021-02-03 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません