ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-03-03 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年01月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本ウイグル協会 米政府に「中共による虐殺認定」感謝
「具体的かつ企業レベルでの行動求む」

 日本ウイグル協会は20日、「ポンペオ米国務長官が19日、中国がウイグル人や他のテュルク系地元住民に対し『ジェノサイド(民族大量虐殺)』と『人道に対する罪』を犯したと認定したことを歓迎する」とする声明文を発表した。
同協会は、「ウイグル人虐殺を終わらせるために多大な責任を負ってくれた米国政府に感謝する」としながら、日本を含む各国政府に具体的な行動を求めた。
また、大規模強制収容の副産物であるウイグル人の強制労働問題について、「複数の日本企業の関与も指摘されている」として、企業レベルでの対策も促した。この問題に対しては、米・英・加などが相次いで対策を発表している。
ポンペオ米国務長官は19日、「中国共産党の指示と支配のもとで中国政府はウイグル族らへの罪を犯してきた」として、具体例として180~300万人の市民の恣意的な投獄や不妊手術の強制・拷問・強制労働などが科されてきたと指弾し、「虐殺はいまも続いていると確信している」と表明した。

2021-01-27 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
韓日離間工作の黒幕たち
民団 新団長の「信頼問題」で一時休会
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません