ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-11-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年01月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
LG電子 スマホ事業売却検討か
23四半期連続で赤字を計上

 LG電子は20日、スマートフォンを含むモバイル事業に関し、「撤退など全ての選択肢を検討中」と表明、「現在と未来の競争力を冷静に判断し、ベストな選択をすべき時期だとみている」とし、「縮小、売却、維持などあらゆる可能性を念頭に事業の運営方針を綿密に検討している」と明らかにした。
2013年にはスマホ市場で世界第3位のシェアを占めていた同社だが、近年では中国メーカーとの激しい競争により、大きくシェアを落としていた。同社のスマホ事業であるモバイル・コミュニケーションズ(MC)事業本部は、15年4~6月期から20年10~12月期にかけて23四半期連続で営業赤字を計上し、20年末までの営業赤字は累計5兆ウォンに達した。
同日、LGの声明を受け、韓国株式市場では同社株価が10%以上、上昇した。赤字部門を切り捨てて、採算性が高い事業に経営資源を集中する方針に、市場は好感したと見られる。
ブライアン・クウォン最高経営責任者(CEO)は、「いかなる決断に至ろうとも雇用は維持する」と述べている。

2021-01-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第6回 アパー...
相次ぐ「再審無罪」の目的は何か
偽投票紙は中共産
金正恩体制最後の堡塁
「韓日関係の回復を公約」
ブログ記事
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
自由統一
金正恩体制最後の堡塁
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません