ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2021年01月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「うわさの壁」李清俊・著/吉川凪・訳
雑誌編集長の「私」が出会った謎の男 心の傷を抱える小説家は作者自身か

 本作品の語り手「私」の職業は雑誌の編集長で、いつものように千鳥足で路地を歩いていると、突然現れた男から助けてほしいと頼まれる。「私」は、何の対策も考えもなく男を下宿に連れて帰った。翌朝、忽然と姿を消した男は精神病院から逃げ出したパク・チュンという人物だと分かる。彼は小説家で、なんと「私」の職場に原稿が持ち込まれていたのだ。しかし、その原稿の掲載を頑なに拒む担当編集者。一方、パク・チュンの主治医は常に自信満々で「私」の中に不信感のようなものが芽生える。彼らとやりとりしているうちに、次第に「私」は、小説家パク・チュンの作品に惹かれていく。
キーワードは「懐中電灯の光」だ。パクの小説の中で強く不気味に描写されるそれは、いったい何を意味するのか。
巻末の訳者解説で、李清俊の小説は英語、フランス語、ドイツ語、中国語、スペイン語などに翻訳されており、日本語の翻訳も10作を数えるのだと知る。いくつか映画の原作にもなっているようだ。インパクトのある導入、緊張感の途切れない展開に時間を忘れ読みふけり、読後しばらくは登場人物(パク・チュン)のことをあれこれと考えてしまうような、そんな作品だ。世界中に幅広いファンがいるのも納得がいく。
クオン刊
定価=2000円(税別)

2021-01-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません