ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年01月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人言(ひとこと)

「融和と逆方向に進む韓日関係」―ソウル国際大学院教授・朴喆煕―

ソウル大学の国際大学院で教鞭をとる朴喆煕氏は18日、「8日の慰安婦賠償判決により、韓日関係は融和ムードと逆方向に向かっている」と苦言を呈した。同氏は、「今回の判決は『日本政府』を相手取った判決ということで、2018年の徴用工賠償判決とは質的に異なる。司法が賠償を請求したことにより、実質的には慰安婦問題を原点に戻したも同然」と問題の大きさに触れた上で、「韓日関係を根本的に損なわないようにするためのいくつかの方法はあるが、どれ一つとして簡単なものはない」と述べた。

「農水産品の輸出大国元年に」―食品輸出ディレクター シン・ヒョンゴンー

韓国農水産食品流通公社の食品輸出ディレクターを務めるシン・ヒョンゴン氏は18日、「コロナ禍の中でも、韓国の農食品輸出は水産物まで合わせて98億9000万ドルを達成した。農水産品の輸出100億ドル時代が目前だ」と述べた。同氏は、「要因は官民が共に練った戦略・事業の速やかなオンライン化・BTSなどの韓流ブームを活用したマーケティング」として、「1977年の国家輸出100億ドルが韓国の輸出大国としての起点だったように、農水産品の輸出100億ドルも新たなスタートだ」と期待を語った。

2021-01-20 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません