ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年01月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国スローフード探訪44 薬食同源は風土とともに
冬のソウルで味わったトックと蜂蜜

 年が明け日本中を寒波が襲った。大雪の被害とともに列島はコロナ感染拡大にも直面している。2度目の緊急事態宣言に伴い、やや塞ぎこんだ日常の中、楽しみは散歩のあとのおやつ。
冬になると必ず思い出すのが17年前のソウル取材中でのこと。その年の1月のソウルはマイナス気温がほとんどだったように思う。新たな旅行ガイドブックを作るために2週間ほど滞在していた時のこと。取材3日目。その日も昌徳宮から景福宮までの歩くコースを作るため、昌徳宮の西側を歩いていた。地図原稿を書きながら歩くのだが寒さでじっとしているのも大変。それでも何度か歩いていると地理がどんどん頭に入ってくる。それが何とも楽しく、寒さもあまり気にならなかった。韓国人スタッフの努力もあって、その地域に暮らす歴史的は背景も次第にわかってきたのが嬉しかった。
香ばしいよもぎ餅
 歩きながらメモを取っていた時、「昨日も歩いていたけど何をしているの」と、声をかけられ振り返ってみると料理研究家のH先生であった。「そうか、料理研究所の前だった。こんにちは先生、新見です」というや否や、「なんだ、新見さんじゃないの! 明日も来る? 来たら寄って」と言って中に入ってしまった。きっと授業中だったのだろう。
先生と初めてお目にかかったのは、先生のお母さま(黄先生)をお訪ねした時だった。その後、先生は人気ドラマ『宮廷女官チャングム』の料理監修者としても知られるようになった。
翌日もまた地図原稿を作成するために北村から会恵洞を歩き、H先生の料理学院の近くに来たので先生のところに立ち寄った。「寒いからお茶を飲んで」と柚子茶を勧めてくれた。冷え切った身体がジワジワと温まってくる。すっかりくつろいでいると「この辺の地図を作ってどうするの?」と、先生は不思議なようだ。「歩いて回れるコースを作ろうかと思って。先生のところから西へ西へと歩いて景福宮の東側にあたる三清洞まで。昌徳宮を見学し、先生の研究所近くからソウル中央高校の前を通って刺繍博物館、メドプ教室を通って大きな通りへ。そこを渡って、北村の韓家が続く一帯を歩き景福宮の東側にあたる三清洞へ。二つの峰を越えて結ぶ古都の良さと古民家を活用したブティックやギャラリー、心地いいカフェもあるのでいくつかのコースを作ろうかと」「大変そうだけど頑張って」と言いながら、香ばしい焼き立てのトック(餅)を蜂蜜とともに出してくださった。「トックは緑茶と一緒に。韓国式で緑茶を淹れますね。韓国の餅はいろんな形があるけど、これは棒のような形になっているの。知っていますよね。焼いて、熱いうちに蜂蜜をつけるととっても美味しいし、身体にいいので。冬だからということじゃなくてね」と。すすめられるままに蜂蜜をつけて食べた。「美味しい!」とっても素朴な食べ方なのだが、何とも言えない甘さとトックの風味が優しい。ここにも身体にいいものがきちんと伝統として受け継がれている。何度か伝統茶や伝統菓子を取材したが、こんなにシンプルでおいしい食べ方は初めてだった。
それから数日後、ソウルで人気のある街のひとつ「仁寺洞」を取材中のことだった。たまたま立ち寄った伝統茶の店で、メニューをすみずみまで眺めていると「トック」とあった。いつもは韓菓を頼むのだがトックにしてみた。お茶はモガ(かりん)茶にした。
少し待っていると焼き立ての香ばしいトックがテーブルに。店の人が「ヨモギ餅は自家製です。蜂蜜につけながら食べてください」と美しい日本語で説明してくれた。確かにヨモギの色だ。餅にのせてあるのは一粒の松の実。まずは一口いただいてみた。ヨモギと松の実の香りが広がってくる。次は蜂蜜をつけて。「う~ん!美味しい」H先生のところで食べた味が蘇ってきた。どうやら、韓国では一般的な食べ方のようだが私にとってはすごいおやつに出合った感があった。
お正月に食べきれなかった餅は、棒状にカットしてオーブントースターで焼き蜂蜜をつけて柚子茶とともに散歩のあとのおやつで楽しんでいる。そのたびに、寒い日にもてなしていただいた韓福麗先生のこぼれんばかりの笑顔を思い出す。

 新見寿美江 編集者。著書に『韓国陶磁器めぐり』『韓国食めぐり』(JTB刊)などがある。

2021-01-20 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません