ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年01月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
NHKドラマ「心の傷を癒す」映画化
被災者の心に寄り添った安克昌さん

 昨年1月から2月にかけ、NHKで4回にわたり放送されたドラマ「心の傷を癒すということ」=写真=が映画化され、今月から全国で順次公開される。
作品は、阪神淡路大震災の発生当時、自ら傷を負いながらも他の被災者の心のケアに奔走した在日韓国人の精神科医、安克昌さん(2020年死去)をモデルとしたもの。日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆けとなった安さんは、臨床報告として執筆した「心の傷を癒すということ」で第18回サントリー学芸賞を受賞した。
映画は116分に再編され、29日から関東・北海道・東北で封切りされる。2月12日からは関西・名古屋・福岡などの西日本地域、3カ月後にはその他地域でも順次公開される予定だ。

2021-01-20 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません