ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-22 14:34:02
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2021年01月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北に屈従的な文政権
金正恩が迫る「根本的問題の解決」

 

 現政権の際立つ北韓隷従姿勢

北韓トップ・金正恩による南への年頭メッセージに対し、韓国政府が素早く反応した。対南強硬路線かつ韓国責任論で一貫している北韓に相反し、現政権は北韓への一方的な隷従に終始している。
尹建永民主党議員は10日、金正恩による年内のソウル答礼訪問を強調した。尹議員は大統領の元秘書で、青瓦台に在職していた2018年には対北特使として2回にわたって訪北。文在寅金正恩会談を実現させた人物として知られている。
翌11日、文大統領は年頭所感を発表し「いつでも、どこでもお会いすることができ、非対面形式でも対話が可能であるという我々の意思は変わらない」と述べた。大統領の年頭所感発表直後、統一部は直ちにコロナを踏まえた映像会議室の設置に着手した。

6カ月間で20・5億ウォンの対北支援

尹議員の発言は、8日に金正恩が第8次党大会で発した後のものだ。同日平壌で開かれた党大会で、金正恩は「南韓当局の態度次第では、遠くない時期に北南関係が再び3年前の春の日のように全同胞の願う平和と繁栄の新たな出発点へと戻ることもできる」と述べた。
尹議員は、金正恩のメッセージが「対話の門は決して閉ざされているわけではない」として、金正恩の答礼訪問が「南北関係を10年前進させることができる」と強調した。文政権は事実上、今年で任期満了を迎える。そのため、年内には金正恩の答礼訪問を成しとげたいという切実さが垣間見える。
こうした一連の動きに対し、南北関係に詳しい消息筋は「南北当局が水面下で交渉していることは明らかだ。両者が互いに発表する年頭所感には、米国に向けたメッセージも含まれている」と語る。
ここ数年、南北関係は北韓政権に対する現政権の一方的な片思い状態が続いている。北韓は開城の南北共同連絡事務所を爆破し、金与正らを前面に対南批判を続けているが、韓国が行った対北批判は片手に満たないほどだ。さらに昨年8月、世論調査機関「カンターパブリック」が国内のオピニオンリーダー1000人を対象に行った調査では、興味深い結果が表れた。「誰が韓国を動かしているか。大統領に影響を与える人物は?」との問いに、回答者の30・9%が金正恩と回答し、圧倒的トップに立った。次いで米国大統領、廬武鉉元大統領、金正淑夫人、任鍾晳前大統領秘書室長、習近平中国国家主席などの名前が挙がった。
一方、態度を変えない北韓に反し、韓国による対北支援は様々な形で続いている。鄭鎭碩・国民の力議員が統一部から入手した資料「医療品搬出承認現況」書面答弁書によると、統一部は李仁栄統一部長官が就任した昨年7月27日から12月31日まで、計7回にわたり総額20億4300万ウォン相当に及ぶ民間団体による医療品の対北搬出を承認した。

金正恩の「根本的問題」とは

当局が最近、南北対話再開に強い意欲を示している中、今月8日に平壌で開かれた第8次党大会で、金正恩は次のように発言した。北韓が金正恩の口を通して提示した条件は(1)根本的問題から解決を模索(2)敵対行為の中止(3)南北合意の誠実な履行だ。
敵対行為中止は、韓米軍事合同訓練の取り止め・米国の戦略資産搬入停止を意味するもので、北韓の常套句だ。文在寅大統領の就任後、国際的批判を受けながらも国会で数の力によって対北ビラ散布禁止法を成立させたのも明らかにその一環だ。北韓は金剛山観光の再開など、対北制裁解除のため韓国による独自の働きかけを促してきた。現政権がそれらを強行した結果、対北制裁違反によって米国からブレーキをかけられた状態だ。
金正恩が示した「根本的問題の解決」については、米国・北韓間の関係改善の後押し、対北制裁解除に向けた積極的行動を文政権に求めるメッセージであるという見方が大半だ。文政権は「条件なき南北対話」「金正恩の答礼訪問」を強調しているが、金正恩の言う「根本的問題」という脅迫に屈する以外に道はないようだ。

写真:14日、平壌で開催された労働党第8次大会記念パレードで公開された対南攻撃用の大型放射砲部隊

2021-01-20 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
日本ウイグル協会 米政府に「中共によ...
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません