ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-02-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年01月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
最高裁判事全員を告発
国民と監査院が司法府と全面対決

国民からの支持を集め、次期大統領候補とも言われはじめた崔在亨監査院長
 文在寅政権の朴槿惠前大統領に対する過酷な弾圧と全体主義独裁体制の強化が、韓国国民の抵抗を爆発させた。
韓国最高裁は14日、朴槿恵前大統領に懲役22年に罰金180億ウォンと追徴金35億ウォンを確定した。判決は、「検事の上告を棄却する」という1行と、わずか1分で終わった。
国家最高法院が、前大統領の犯罪容疑を明確に糾明せず、卑怯にも下級審の判決を追認するだけで、逃げたといえるものだった。朴前大統領は罰金と追徴金(約20億円)を納付することができないと、労役型3年が追加され、87歳まで服役しなければならない。
文在寅は18日の新年会見で、朴前大統領に対する恩赦の可能性を否定した。朴前大統領を抹殺するのは、韓国を否定する勢力の長年の目標だった。
ソウル刑事高裁は18日、李在鎔サムスングループ副会長に、朴前大統領への贈賄などで懲役2年6カ月を宣告、法廷で収監した。文在寅政権は李在鎔副会長事件をサムスンの解体と朴前大統領の犯罪操作に利用した。
一方、崔在亨監査院長は、韓国の国家競争力を破壊する脱原発政策に対する2番目の監査を指示した。
文在寅の指示で始まった脱原発政策が合法的に立案・推進されたか、その過程を監査する。独裁者が科学を無視し決定した政策がどれほど悲惨な結果をもたらすかは、中共と北韓を見れば分かるはずだ。「スズメ撲滅」を指示した毛沢東と、山腹を削って段々畑を作るように指示した金日成の決定は、残語な結果をもたらした例として有名だ。文在寅とその追従勢力の脱原発政策に対する専門家や国民の怒りが、監査院を動かしたのだ。 
監査院は昨年4月の総選挙で使用された開票分類機が、法で禁じられた通信機能を持ったものかを監査する予定だ。524人の請求人団が12日、公益監査請求書を提出した結果だ。公益監査請求は、請求人が300人を超えると監査院が応じるようになっている。
「4・15不正選挙国民闘争本部」など13の団体は、大法院の選挙訴訟遅延によって不正選挙疑惑と社会葛藤を増幅させた責任を問うため17日、最高裁判事全員を選挙訴訟遅延による職務遺棄の疑いで検察に告発した。
反逆政権の顔色を窺ってきた、左傾判事たちの国家最高法院が国民に弾劾されたのだ。

2021-01-20 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
民団中央初、郵便投票で3機関長改選
韓日離間工作の黒幕たち
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません