ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2021年01月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
船舶受注 3年連続で韓国1位
LNG船のニーズが拡大

 英クラークソン・リサーチは先月28日、昨年の世界船舶受注統計を発表した。
それによると昨年の世界船舶受注量は計1792万CGTで、このうち中国が798万CGT、韓国が673万CGTを受注した。この統計には、韓国造船海洋とサムスン重工業が、年末に駆け込み受注した液化天然ガス(LNG)運搬船17隻は含まれておらず、これを加えると、韓国が中国を抜いて1位となる。韓国が2018年から3年連続で受注量世界1位を記録する公算が大きくなった。
近年、EUをはじめとし世界各国が環境政策を重視していることから、環境規制に適合しない老朽化した船舶の入れ替え需要の増加が確実視されている。韓国独自の技術力を利用したLNG二元燃料推進船が注目されており、今後さらに韓国企業の受注が多くなると期待されている。

2021-01-14 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
本国の慰安婦問題判決に「異議」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません