ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2021年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ~新番組「火の鳥2020」

2004年にイ・ソジンと故イ・ウンジュ主演で放送された『火の鳥』のリメイク版©SBS

 2004年に社会現象を巻き起こし、韓国で最高視聴率30%以上を記録した名作ドラマ『火の鳥』をリメイク。日本初放映!
財閥令嬢と貧しい青年。愛し合いながらも別れを選んだ2人が、10年後に立場が逆転して再会したことから怒涛の展開が巻き起こる。韓国ドラマらしい要素がふんだんに盛り込まれたストーリーから目が離せない。人気俳優ソ・ハジュンが1人2役を担うほか、あの名台詞もよみがえる…。

◆ストーリー


財閥令嬢のジウン(ホン・スア)は、父の会社で結果を出すべく奮闘していた。ある日、運転していた車が家具デザイナーのセフン(イ・ジェウ)の作業場に突っ込んでしまう。ジウンの両親は御曹司のジョンイン(ソ・ハジュン)との見合い話を進めるが、セフンとジウンは惹かれ合っていく。令嬢のジウンと貧しいセフンの結婚に周囲は反対するが、妊娠したジウンは反対を押し切って結婚を決める。ジウンの両親とセフンの対立は激しさを増し、ジウンは子供を流産して離婚を選ぶ。ジウンに裏切られたと誤解したセフンは彼女の前から姿を消す。
その後ジウンの父が事故死し、ジウン一家は没落。10年後、ハウスキーパーとして働くジウンは、ジョンインの双子の弟(ソ・ハジュン2役)と出会い惹かれていく…。

◆放送予定

1月12日(火)スタート。毎週(火)午後8時~10時30分、4話連続放送。全120話。KNTVで。

2021-01-01 14面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
本国の慰安婦問題判決に「異議」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません