ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「ニューメディア」で自ら真実を
韓自協が20年最後の勉強会

 大韓民国自由民主主義を守る在日協議会は昨年12月14日、都内で評議員を中心に勉強会を行った。
この日は「米国の『第2の南北戦争』の意味」というテーマで、洪熒本紙論説主幹が講師を務めた。
洪氏は「米国と韓国の内戦は本質的に同じ『文明の戦争』」との立場を再確認しつつ、昨今の韓国でどのような専横がまかり通っているのか説明した。
韓国では、今月に入ってから憲法違反の公捜処法をはじめ、「対北伝単(ビラ)処罰法」「5・18歪曲処罰法」「セウォル号特別調査法(8回目)」「国情院法全面改正」などが立て続けに可決された。特に対北伝単処罰法は「与敵罪になりうる」という。
洪氏は、”票を投じる者が決めるのではない。票を数える者が決めるのだ”というスターリンの言葉を引用し、「現在の韓国が選挙によって正常化するのはほぼ不可能。あったとしても奇跡のような確率だろう」と述べた。
では、自由保守はどう戦うべきなのか。洪氏は、「ニューメディアで自ら真実を見つけ、自分のものにする努力」が自由民主主義の第1歩だと語る。
「自由も、そのための勝利もタダではない。全体主義社会では法の上に政治が来るため、それを上回るWe the People(われら民草)の力で正常化するしかない」と主張した。

2021-01-01 7面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
本国の慰安婦問題判決に「異議」
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません