ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2021年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
第2回人権セミナー開催 民団中央本部

 民団中央本部人権擁護委員会(李根茁委員長)は昨年12月4日、東京・韓国人会館で「第2回人権セミナー」を開催した。今年はコロナ感染拡大を踏まえて人数を絞ったため、80人余りの参加となった。
テーマは2019年と同じく、関東大震災における朝鮮人大虐殺とヘイトスピーチが主な内容だった。
セミナーにはノンフィクション作家の加藤直樹氏・ジャーナリストの安田浩一氏・「グループほうせんか」の慎民子さん・民団中央本部の徐元喆事務総長が登壇し、それぞれの立場から講演や意見発表を行った。
その後は参加者からの質問に対する応答が行われ、関東大震災の犠牲者に黙とうを捧げた。
閉会の挨拶で、李委員長は「人権擁護委員会は史実を改ざんさせないため、このセミナーを続けていく」と決意を述べた。

2021-01-01 7面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
本国の慰安婦問題判決に「異議」
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません