ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年12月12日 09:05
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
地域基盤の中古品取引アプリが任期

 「中古取引から町の情報交換まで、ご近所の方とお付き合いしましょう」というキャッチフレーズの、中古品取引アプリが韓国で、特に女性の間で人気だ。2018年10月には127万人が利用していたが、1年後には331万人と急速な成長を続けている。
このアプリでは、自分の居住地を認証する手続きを経て会員登録をすると、自宅を基準に6キロ以内の中古品取引を利用できるようになる。基本的に宅配サービスは利用せず、アプリ内のチャットを利用してやりとりを行い、売り手と買い手が近所で直接会って取引をする。口コミで広がり、直接取引を好む20~30代のユーザーが利用しているという。この中古品マーケットは人と人をつなぐ共同体としても機能している。地域を基盤とした生活プラットフォームに進化しているようだ。

2020-12-12 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
本国の慰安婦問題判決に「異議」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません