ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年12月12日 09:01
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「川崎ふれあい館」爆破予告犯
懲役1年・執行猶予なし

 川崎市の多文化交流施設「ふれあい館」に在日韓国・朝鮮人の虐殺を予告するはがきを送った事件に関して、威力業務妨害罪などに問われていた元川崎市職員・萩原誠一被告(70)に対し、横浜地裁川崎支部は3日、懲役1年の実刑判決を言い渡した。
萩原被告は昨年12月末、ふれあい館に「謹賀新年 在日韓国朝鮮人をこの世から抹殺しよう。生き残りがいたら残酷に殺して行こう」などと書いたはがきを送付。続く今年1月27日には、川崎市の事業所に在日韓国人の抹殺とふれあい館の爆破を予告する元同僚宛てのはがきを送っていた。また、神奈川県・東京都内の9校に対しても、萩原被告の元同僚の名前で脅迫状を投函していたことも明らかになった。
裁判所は「前科がないことを考慮しても、刑の執行を猶予すべき事案ではない」として、犯罪の性質を鑑みた上で執行猶予なしの量刑を決定した。

2020-12-12 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
本国の慰安婦問題判決に「異議」
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません