ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-12-02 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年11月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『ぼくは幽霊作家です』(キム・ヨンス・著/橋本智保・訳)
時代と空間をめまぐるしく変遷しながら自らを語ることばのない声に耳を傾ける

 本書には9編の物語が収められている。『簡単には終わらないであろう、冗談』『あれは鳥だったのかな、ネズミ』など、およそタイトルらしからぬ言葉が並ぶ目次に首をかしげていると、解説「ことばでは言えない生のために」とあり、ますます混乱すると同時に興味が湧いてくる。
作品に描かれるのは、現代のソウルに生きる男女、元中国人民志願軍兵士、1888年に韓半島へ渡ったアメリカ人探偵、妓生、国家に対する裏切り者として銃殺される女性など、シチュエーションは多様だが、そこには語り手としての、または聞き手としての「私」が存在する。まるで合わせ鏡の中に広がる次元の階層のように、様々な時代や場所が映し出されていく。歴史上、実在の人物もモチーフとして登場する。いつの間にか読み手も傍観者で居続けることは許されなくなり、合わせ鏡の中へ足を踏み入れる。すると、自分の後ろに「私」の存在を感じてゾクッとする場面に出くわすだろう。
この本は、いつもよりスピードを落として読むことをお勧めする。ときに音読もいいかもしれない。なにしろ「言葉では言い表せないこと」を言葉で綴っているのだ。じっくりかみしめていくと、それが何なのか朧気に見えてくる気がする。
新泉社刊
2200円(税別)

2020-11-18 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません