ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年11月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「発明促す環境整備を」―知的財産と革新の生態研究所所長 チョン・ソンチャン―

「知的財産と革新の生態研究所」の所長を務めるチョン・ソンチャン氏は11日、「韓国の総研究・開発投資はGDP比4%を超え、世界最高水準だが、『産学協力は上手くいかない』『良い特許を持っていても融資を受けにくい』など否定的な評価もかなり多い」と述べた。
同氏は「前述の問題を解決し、発明のしやすい環境を醸成するため、『知的財産処』の設立が必要だ。発明家を志す韓国の青年が、エジソンのように夢を広げられる世界が来ることを期待する」と提言した。

「Kバイオの躍進に期待」―ジョンズ・ホプキンス医科大学准教授 イ・スルギ―

ジョンズ・ホプキンス医科大学准教授で、D&Dファーマテックの代表も務めるイ・スルギ氏は12日、「アルツハイマー病の発症原因としてβ‐アミロイドが研究され続けてきたが、近年になって微細膠細胞の異常活性による神経炎症が疑われるようになり、新たな治療薬の開発が期待されている」と述べた。同氏は「国内バイオ企業の輸出規模は9兆ウォンを突破した。基礎研究を商業化する橋渡し研究を強化し、臨床試験の徹底的な管理を行って、アルツハイマー攻略にも『Kバイオ』の活躍を期待する」と語った。

2020-11-18 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません