ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年11月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「北送」朝総連と日本政府の共謀
韓国の市民団体が国連に立証要求

 北韓の人権問題に取り組む韓国の社団法人「北韓人権市民連合」は9日、ソウル市内で記者会見を開き、1959~84年にかけて行われたいわゆる「北送事業」の犯罪責任を国際司法の場で立証するよう、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)などに求めた。
同連合は、これを主導した労働党在日支部(朝総連)が「北韓政府の指示を受け、虚偽の情報で大規模な宣伝活動を行った」としており、北送事業が広範囲にわたって行われたのは当時の日本政府と旧ソ連政府、日本赤十字社、赤十字国際委員会などの支援があったためと指摘している。
北韓は厳密な階級社会だ。「地上の楽園」であると騙された在日朝鮮人たちは、北韓に到着した瞬間から最下層の要監視対象者、つまり「敵対層」に分類され、差別された。極貧生活を強いられた彼らは日本の親族からの仕送りに頼るほかなく、結果的に北韓当局による人質となったのだ。
北送事業では、最終的におよそ9万3000人の在日朝鮮人が北韓へ渡ったが、その8割が最初の2年間で渡北した。以降、その流れが途絶えたのは、先に渡った人たちが「楽園などではない」という真実を手紙で届けたからだ。
しかし、日本共産党はその後も熱心に北送事業を推進し、最後まで在日朝鮮人たちを北の凍土に送り続けた。日本はこのことを自覚し、厳しい自己省察を行う必要がある。

2020-11-18 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません