ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年11月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「原発処理水に合理的判断を」―米フォーブス化学コラムニスト ジェイムス・コンカ―

米フォーブス科学コラムニストのジェイムス・コンカ氏は2日、「基準値以下となった原発処理水からは1リットルあたりバナナ4本程度の放射性物質しか検出されない」と述べた。
同氏は、「現在、福島原発の処理水にはトリチウムのみが含まれているが、これはそもそも自然界に存在する物質で、海洋生態系や人々の健康が脅かされた事例はない」として、「福島原発の『処理水』については科学的根拠に基づいた合理的な判断を期待する」として、事実による冷静な判断を求めた。

「高速道路は地域発展に寄与」―都市研究博士 キム・チャンソン―

都市研究博士であり、韓国交通研究院の選任研究委員でもあるキム・チャンソン氏は4日、陸の孤島とされる太白・寧越・三陟地域に高速道路を敷設する計画が1990年代から進行中であることと関連して、「寧越~三陟区間の延長は経済的な効果ではなく、ネットワーク完結性の面で地域の均衡発展に寄与すると政府が判断した」と述べた。
同氏は、「(この高速道路は)経済活動の中心地と忠清道など内陸地方を連結するために重要」として、「早急に竣工することを望む」としている。

2020-11-11 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません