ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年11月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
月城原発1号機早期閉鎖疑惑
検察と監査院が韓国解体犯罪にメス

 文在寅の脱原発狂乱を追及する検察と監査院の合同作戦が始まった。月城1号機「原子力発電所」の早期閉鎖疑惑に関する告発は、先月末に、野党「国民の力」が大検察庁に告発した事案だ。
大検察庁は事件を大田地検に配当、大田地検刑事5部は5日と6日、韓国水力原子力本社などを家宅捜索した。大田地検が事件配当から約一週間後、白雲揆前産業通商資源部長官、鄭載勳韓国水力原子力社長、大統領の産業政策秘書官を務めた蔡煕奉韓国ガス公社社長の執務室や携帯電話などを捜索し、関連資料を押収した。
検察が強制捜査の初日、青瓦台と産業通商資源部、韓国水力原子力の前現職最高位級人事の執務室と自宅、携帯電話を家宅捜査して事件の核心に近づいた背景には、告発状に近いほど詳細に作成された監査院の「捜査参考資料」があったという。
文在寅一派の影響力下の裁判所が、検察に押収令状を発行したのは、監査院が作成した「捜査参考資料」が詳細な証拠と、判事出身の崔在亨監査院長が直接法理検討をした内容だったという。
月城1号機の早期閉鎖決定、産資部の資料隠滅などの意思決定過程を調べる資料が確保されたことで、この事件をめぐる青瓦台の指示や関与も解明されると予想される。
これに対して秋美愛法務長官は、国会の委員会で、政治家の検察総長が政府を攻撃したと非難した。与党・共に民主党も一斉に検察の捜査を非難した。李洛淵党代表は「監査院が捜査依頼もしなかったのに、野党が告発した政治攻勢型事件を検察が大々的に対応した」「政治捜査で検察権の乱用」と非難した。また「昨年(曺国)法務部長官の国会人事聴聞会が行われているとき、長官候補の一家を大々的な押収捜索を行ったことを連想させる」とも述べた。金太年民主党院内代表も「検察の国政介入」と非難した。
文在寅一派がこのよう狂乱的反応を見せるのは、検察の捜査が青瓦台まで及びかねないからだ。
秋美愛は尹錫悦総長に対する監察指示をするなど、検察の捜査を妨害しているが、すでに検事の多数が文在寅一派の横暴に対抗する意志が固くなり、法務長官の捜査介入や妨害は反発が呼ぶだけだ。

2020-11-11 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません