ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年11月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大田地検が原発中断背景を強制捜査

 検察が文在寅集団の韓国解体犯罪に対してメスを入れた。大田地検が5日と6日、韓国水力原子力の「月城1号機」の早期稼働中断疑惑に対する強制捜査に出た(上写真)。文在寅は不法に権力を乗っ取ってから、国家のエネルギー戦略による原子力発電の建設や「月城1号機」の稼働中断などを科学的・法律的・経済的根拠なしで独断で決めた。文在寅の決定は、自由世界の唯一・世界一の競争力を誇る韓国の原子力産業を破壊するだけでなく、関連技術を中国へ渡すための陰謀と言われた。文在寅は「脱原発」に市民団体まで動員した。

2020-11-11 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません