ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年11月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「裁量の範囲内」原告敗訴
福岡高裁・朝鮮学校無償化裁判

 福岡高裁は10月30日、「国が朝鮮学校を高校無償化の対象外としたのは違法」として、九州朝鮮中高級学校の卒業生らが国を相手に計748万円の損害賠償を求めた訴訟をめぐり、「国が裁量権の範囲を逸脱したとはいえない」として、原告側の意見を退けた。
全国5カ所で起こされた同様の訴訟で、今回が最後の高裁判決だ。大阪地裁の一審を除き、全ての裁判で原告側が敗訴した形だ。東京・大阪・名古屋では最高裁で敗訴が確定している。
10月16日に結審した広島高裁と同様(原告側の控訴棄却)に、九州朝鮮中高級学校も上告する方針を固めている。
原告側や弁護団は、国側が再三指摘する「朝総連と朝鮮学校の密接なつながり」という明確な論点を、「人権」「教育の権利」などにすり替える。言うまでもなく、史実を捏造する共産勢力の常套手段だ。

2020-11-05 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
本国の慰安婦問題判決に「異議」
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません