ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年10月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「現象を直視し省察せよ」―文芸評論家 パク・ギョンソ―

翻訳家・文芸評論家であるパク・ギョンソ氏は21日、「文在寅政権が口癖のように叫ぶ平等・公正・正義は虚しく、破廉恥と非良心が占める世の中になった」と厳しく非難した。
同氏は、「政権の二重性とネロナムブル(ダブルスタンダード)の事例があまりに多い。与党は自分たちが批判を受ければ、批判そのものでなく批判を述べた者を攻撃する」とした上で、「現象を直視し、自らを省察するところから本当の発展がはじまる」として、現政権の批判を許さない構造を糾弾した。

「韓米同盟、より強固に」―CSIS上級副所長 マイケル・グリーン―

戦略国際問題研究所(CSIS)の上級副所長を務めるマイケル・グリーン氏は23日、「米中競争において文在寅政権は『戦略的あいまい性』を語るが、CSISが最近実施した国際アンケート調査は、韓国政府の戦略見直しの必要性を示唆している」と述べた。同氏は、「アンケートによれば、米国だけでなく欧州・アジアの複数の民主主義同盟国が対中国強硬論を幅広く支持している」として、「中国問題に対する米国人と韓国人の考えにはそれほど差がないため、韓米同盟はより強固になりうる」と推測した。

2020-10-28 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません