ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-12-02 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年10月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
釜山国際映画祭が開幕
68カ国192本の作品を上映

入場人員は座席数の25%に制限されている
 第25回釜山国際映画祭が21日に開幕した。今年は、コロナウイルス防疫を考慮して開幕式や閉幕式は中止、海外の映画関係者も招待しない。今年は68カ国から192本の作品が参加している。
韓日交流企画団体あおぶんラボでは24日、「釜山映画祭リモート散歩」を実施。日本から5人が参加し、現地の案内人により映画祭の様子、観客の感想などを聞いた。規模はこれまでの3分の2程度となったが、一つ一つの映画をしっかり鑑賞できるとの声もあった。
オープニングは『Septet』(香港)、クロージングは日本のアニメ『ジョゼと虎と魚たち』で、30日に閉幕となる。

2020-10-28 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません