ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-12-02 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年10月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「反日フレームは時代錯誤」―ソウル市立大法学専門大学院教授・李昌偉―

ソウル市立大法学専門大学院で教授を務める李昌偉氏は15日、「そろそろ時代錯誤な反日フレームは捨てるべき」と批判した。同氏は、「北核の危機は相変わらず進行中で、インド太平洋安全保障協議体『クアッド』は韓国を除いた安保同盟に発展している」と述べ、「2015年の韓日合意を破棄し、『禁保護の原則』に反した法的正当性もない行いによって得たものは、慰安婦被害者女性を利用したという尹美香議員に対する国民的公憤と外交的破綻以外には何もない」と痛烈に皮肉った。

「デジタル権力は監視が必要」―高麗大学経済学科教授・李鍾和―

高麗大学経済学科で教鞭をとる李鍾和氏は15日、「政府やデジタルプラットフォームが権力を濫用しないため、牽制が必要だ」と述べた。同氏は「中国が感染症の拡散防止という名分で、個人を極めて強力に監視しているが、教育水準が高く、中央集権制に慣れている東アジア諸国にもその懸念は広がっている。韓国政府が過度な個人情報の開示によってプライバシーと人権を侵害したとの指摘もある」としながら、「デジタル権力の監視と、個人情報と市民の基本権の強化が必要」と主張した。

 

2020-10-21 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません