ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年10月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
CJとネイバーが提携検討
コンテンツ事業強化へ

 CJグループとネイバーは14日、eコマースと物流、コンテンツ企画・製作、流通など、両社の主要事業分野での共同投資と包括的事業協力方案について議論中であると発表した。
CJグループは国内物流・コンテンツ1位の企業。韓国最大手のインターネット検索ポータルサイトを運営するネイバーとの提携が実現すれば、大きなシナジー効果が期待できる。両社の強みであるコンテンツと物流、流通を連携させることで、アマゾンやネットフリックスなどの世界トップ企業に対抗できるとの期待がもたれている。
事業提携分野や、それぞれの所有株式の比率などを検討中。株式の対等交換で話し合いは進められており、近く発表される予定となっている。

2020-10-21 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
在日民団50年ぶりの紛糾 
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
民団大阪も一騎打ち
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません