ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2020年10月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米エスパー長官が韓米連合訓練の必要性を強調

 マーク・エスパー米国防長官は15日、ワシントンのヘリテージ財団が主催した米軍準備態勢関連討論会に出席した。エスパー長官は、準備態勢が整っていない対価がどれほど大きかったかの歴史的な事例として韓国戦争を挙げた。エスパー米国防長官は、韓国戦争の序盤に500人近く増強された歩兵と砲兵大隊で構成されたスミス特任部隊が北韓軍の侵略を遅延させるため烏山北部に迅速に派兵したが、タンクや弾薬不足はもちろん、訓練もせず準備態勢が不完全だったため敗北したと指摘。米軍はいつでも戦う準備が必要だと言った。また、中国軍に対応するため、米軍の爆撃資産などの戦略的柔軟性を強調。米軍は韓米連合訓練をしていない現状況を深刻に捉えている。

2020-10-21 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません