ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-18 09:01:27
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2020年10月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
米国が軍事・経済で親中政権を圧迫

 米・中共の文明の戦争が激化する中、中国共産党(中共)が人民日報を通じて台湾に事実上の最後通牒を発した。習近平は人民解放軍に戦争準備を指示。台湾海峡で戦争機運が高まっている。韓半島でも中共が支える金正恩が、核ミサイル固守はもちろん、在来軍備の強化を宣言、イランなどと連携した。それでも文在寅集団は、米・中共間の中立を強調、綱渡りを試みている。この状況で先週、韓米間の安保と経済分野の高官級協議が開催されたが、破裂音だけ聞こえてきた。文在寅は、安保上の深刻な危機中でも、韓米同盟の葛藤が韓国国民の注目を引かないように、世論操作と工作政治に没頭する。文在寅集団は、巨大な不正・腐敗事件を覆うために、法と常識では到底容認できない破廉恥な悪態を犯している。文在寅は、韓・日・中首脳会議を年内に開催し、親中路線で習近平を助けようと意図する。韓・日首脳との格にも合わない上、習近平との権力闘争に敗れ実権のない国務院総理の李克強に会うことに、一体何の意味があるだろうか。

 文在寅集団に対する米国の圧迫が強まった。先週の14日(米国時間)、ワシントンで韓米国防長官が出席した韓米安保協議会(SCM)が開催された。
今回の会談は、開始前から韓米間で緊張が流れていた。韓米SCMの前に、合同参謀議長などによる両国の高位級軍事委員会(MCM)が開かれたが、この会議に出席した元仁哲合同参謀議長が訪米前の8日、韓国国会の国政監査で「(韓米)両国が戦時作戦権の転換時点を決めれば、(これまでの)条件付きから、時間(時限)を基準に戦作権が転換されるものと考えている」と発言したからだ。
これは、韓米間の戦作権の転換は、北側の非核化はもちろん、諸条件を満たした状況で推進すると合意したことを完全無視、覆す発言であり、国内外から激しい批判と反発を呼んだ。専門家らは、「韓国は米・中共間で中立を維持しようと綱渡りをするな」と警告した。
結局、韓米国防長官が出席したSCMは、戦作権の転換は、両国間の合意条件を満たしてから行うということを再確認したが、共同記者会見もなく終了した。マーク・エスパー米国防長官は、防衛費分担金協定の空白が準備態勢に悪影響を及ぼしていると指摘した。会談後の共同声明では、2008年以来含まれてきた在韓米軍の規模を維持するという文言が消えた。
米下院アダム・スミス軍事委員長ら民主党議員は、在韓米軍が現水準を維持することを促す書簡を9日、国防長官に送っただけに、アダム・スミス軍事委員長は16日、「在韓米軍の現水準維持」のないSCM声明に失望と懸念を表明した。
一方14日、映像会議で開催された第5回韓米ハイレベル経済協議会(SED、韓国外交部第2次官とキス・クラーク米国務省経済担当次官が出席)で、韓国に対し華為技術(ファーウェイ)など中国の通信会社製品を使用しないよう要求した。40人の代表団を同席させたこの会議で、米国側は「クリーンネットワーク」推進の正当性を説明し、韓国の参加を求めたという。クリーンネットワークは5Gネットワークやモバイルのアプリなどの情報技術(IT)分野で中国企業を排除するプロジェクトで、現在30以上の国と通信会社が加入している。
米国務省は、ファーウェイ社との取引中止を宣言した韓国のSKテレコムとKTを「クリーン移動通信社」のリストに入れ、ファーウェイの機器を使用しているLGユープラスは、リストから外した。ロバート・ストレイヤー国務省サイバー国際通信情報担当副次官補は去る7月、「LGユープラスのような企業が、”信じられない供給者”から”信頼できる供給者”へと変わることを促す」と言った。
米政府高官が韓国に反中前線への参加を迂回的に要求したことはあるが、両者の公式会談で、このように述べたのは初めてだ。すでに韓国民の4分の3が反中なのに、文政権は「検討が必要」「民間が決める問題」と即答を避けている。
マーシャル・ビリングスリー米軍縮担当大統領特使は13日(米国時間)、「アジアの友人と同盟国は、中国の攻撃を抑制し、自国の国家安保を強化することについて、かなり関心がある」と述べた。

2020-10-21 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
「第2次米中戦争」も韓半島が決戦場
北送の悲劇「True North」 ...
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません