ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2020年10月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓・中歴史観の衝突 BTSも非難の的に

 BTSが先週から中国内で排斥されている。問題の発端は、BTSが7日(米国時間)、米国の非営利団体のコリアソサエティーが授与するヴァン・フリート賞を受賞したことから始まった。この賞は、韓国戦争のとき、米8軍司令官だったジェームズ・ヴァン・フリート将軍を称えるため1995年に制定されたもの。毎年、韓米関係に大きく貢献した人物や団体に与えられる。今年は防弾少年団(BTS)と、米国の韓国戦退役軍人、大韓商工会議所が受賞した。
BTSはオンラインで行われた授賞式で、「今年は韓国戦争70周年で、両国が共に経験した苦難の歴史と、多くの男女の犠牲を永遠に記憶しよう」と言った。
ところで中国内では、この受賞感想の中の「両国が経験した苦難の歴史」という表現が問題視された。韓国戦争に参戦した中国軍の犠牲を無視したというわけだ。中共は彼らの韓国侵略を「抗米援助(米国に立ち向かい朝鮮を助ける)」の正義の戦争と教え、洗脳している。中国のウェイボには「中国人が大きな犠牲を払い米軍を防御してあげたのに、どうしてこれを無視するのか」という文が載っている。中共は、韓半島侵略戦争で死んだ毛沢東の息子の遺体を本国へ送還せず、北にそのまま置いている。「韓半島は中共の領土」だとする野心の象徴だ。

2020-10-14 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません