ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年10月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
2週間の隔離なく入国可能へ 韓日間で入国制限緩和を調整

 韓国と日本は4日、今月中にもビジネス関係者に限り入国制限措置を緩和する方向で事実上合意したことが分かった。
日本政府は、159カ国・地域を入国拒否の対象としてきたが、10月1日からは全ての国からのビジネス関係者や留学生など中長期滞在者の入国を条件付きで解禁した。
これに伴い、韓日間での相互入国に関しての内容を調整中で、今週にも合意内容を公表する予定だ。
ビジネスでの渡航に対しては、出国前に受けたコロナウイルス検査で陰性を証明する確認書や滞在場所に関する書類などを提出、さらに相手国に到着後の検査で陰性が判明すれば2週間の自主隔離が免除される方式になるもようだ。日本政府は3日、武漢コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限の緩和を巡り、入国者の感染有無を確認する検査を1日2万人まで拡充すると表明していた。厚生労働省は羽田、成田、関西の3空港で、1日計1万人分の検査態勢を整備していたが、これを地方にまで拡大し、海外からの受け入れ体制を整える意向。
一方、観光客については、コロナウイルスの感染拡大が収まっていないことから、他国同様に入国の制限は解除されない。
いずれにしろ、コロナウイルス感染拡大により途絶えた両国の人的交流が一部再開され、経済活動も回復。本格的な交流は、旅行者の解禁を待ってだが、関係改善へ1歩踏み出したといえる。

2020-10-07 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません