ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年09月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「免疫抗がん剤に保険適用を」―韓国肺がん患友会会長 イ・ゴンジュ―

韓国肺がん患友会の会長を務め、自らも肺がんと戦うイ・ゴンジュ氏は23日、「通信費支援金の半分で肺がん患者を生かすことができる」と訴えた。
同氏は、「政府は、2次治療薬として副作用の軽い免疫抗がん剤を使用する場合にしか保険適用を認めない。しかし、肺がん患者の6割は2次治療前に死亡・もしくは治療放棄してしまう。免疫抗がん剤の保険適用化に必要な予算は”通信費支援”予算の半分に過ぎない」として、『医療費の心配のない国を作る』とした文大統領の宣言を取りあげた。

「国際機関に調査を願うべき」―元米国務次官補代理 ロベルタ・コーエン―

米国務省で次官補代理のポストにつき、主に人権問題を担当していたロベルタ・コーエン氏は24日、北韓が韓国公務員を射殺して遺体を燃やした件について、「韓国政府は北韓政権の本質を悟り、対北韓政策に注意を向けなくてはならない」と述べた。
同氏は、「これは北韓の無法行為を示す顕著な例であり、人間の権利の中で最も神聖かつ究極的な生命権を侵害する犯罪的行為」として、国際機関に真相の調査と協力を願うべきと主張した。

2020-09-30 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません