ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-18 09:01:27
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年09月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『中国は消防士のフリをした放火魔』(ペマ・ギャルポ・著)
チベット人の著者が自身の経験から訴える 中国が仕掛ける「超限戦」に立ち向かう覚悟を

 1953年にチベットで生まれた著者は、59年の中国・人民解放軍の侵略によりインドへ脱出、6年後に日本へ移住し2005年に帰化した経歴の持ち主だ。かつて祖国が、そしてウイグルや南モンゴルがたどった道、今では香港が追い込まれている道に、日本が陥らないよう警鐘を鳴らす一冊が本書だ。追い込んでくる相手は誰か―もちろん中国共産党である。
イデオロギーとしての共産主義は放棄した中国共産党だが、一党独裁体制による国内弾圧を強め、世界の覇権国家になるべく突き進んでいる。その過程のなかで、著者は『超限戦』という中国の戦争論を紹介している。これは1999年に出版された中国人民解放軍関係者による21世紀の戦略研究の共著である(翻訳本:角川新書)。「超限戦」とは、実際の兵器による衝突だけでなく、インターネットを含むあらゆる世界を同時に戦場とする戦いを意味する。すべての境界と限度を超えた戦争であり、今日のウイルス拡大もその一つだ。そして米国は今、中国との「超限戦」を戦っている。
つまり、米中対立において「中立の立場」などあり得ない。そう主張する著者は日本に向けて、日中友好という幻想を捨て中国に立ち向かう覚悟を持ってほしいと、強く訴えている。
ハート出版刊
定価=1400円(税別)

2020-09-16 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
「第2次米中戦争」も韓半島が決戦場
北送の悲劇「True North」 ...
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません