ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-03-03 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2020年09月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
全米プロ野球で韓日投手が活躍
ブルージェイズの柳賢振やカブスのダルビッシュ有など

 コロナウイルス感染拡大の影響で7月24日(日本時間)に開幕となった米プロ野球メジャーリーグ(MLB)だが、ここにきて30代の韓日出身投手たちの活躍が目覚ましい。
昨季は14勝5敗で防御率2・32をマークし最優秀防御率のタイトルを獲得、サイ・ヤング賞投票で2位に入った柳賢振選手(32)は、トロント・ブルージェイズに移籍してシーズンを迎えた。8月からの6試合で34イニング防御率1・32を記録、健在をアピールした。
また、今季メジャーデビューしたセントルイス・カージナルスの金広鉉選手(31)は、8月23日のレッズ戦で初勝利を挙げ、続く2日にも2勝目を挙げた。これまでの成績は2勝1セーブ、防御率は0・83となった。17回連続の無失点をマークしている。 
今季最も好調ぶりが目立つのは、シカゴ・カブスに所属する日本人投手ダルビッシュ有選手(33)だ。10日現在、ナショナルリーグで最多勝1位(7勝)、防御率3位(1・77)、奪三振1位(72奪)につけている。

2020-09-16 5面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
韓日離間工作の黒幕たち
民団 新団長の「信頼問題」で一時休会
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません