ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年09月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ソウルの商店をコロナ直撃
3カ月で2万店超減

 不動産情報会社「不動産114」が7日にまとめた報告書によると、4~6月の3カ月の間にソウル市内の商店2万1178店舗が廃業したことが明らかになった。
減少数が大きかったのは飲食店で、13万4041店から12万4001店と1万40店、7・5%減少した。減少率が大きかったのはネットカフェなどの観光・レジャー・娯楽施設で、10・8%の1260店が減少した。
コンビニエンスストアやスーパーなど小売店は、12万6953店から12万3003店と3950店、3・1%減。印刷所や美容室など生活サービス店は、6万8002店から5万4529店と3473店、5・1%の減少となった。
コロナウイルス対策として在宅勤務を実施する会社が増えて外食の機会が減り、外出自体も減ったことから利用者が激減、赤字に耐えきれず廃業する店が増えたと見られる。8月にコロナウイルスの感染が再拡大、多くの外食店・レジャー施設が営業規制を受けており、7月以降さらに廃業する店舗が増えるのではと懸念されている。

2020-09-16 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
平壌の異変、権力構造に重大な変化
文政権のレームダック化 顕著に
米中戦争 要衝の韓半島争奪戦
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません