ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-06-23 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年09月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ソウルの商店をコロナ直撃
3カ月で2万店超減

 不動産情報会社「不動産114」が7日にまとめた報告書によると、4~6月の3カ月の間にソウル市内の商店2万1178店舗が廃業したことが明らかになった。
減少数が大きかったのは飲食店で、13万4041店から12万4001店と1万40店、7・5%減少した。減少率が大きかったのはネットカフェなどの観光・レジャー・娯楽施設で、10・8%の1260店が減少した。
コンビニエンスストアやスーパーなど小売店は、12万6953店から12万3003店と3950店、3・1%減。印刷所や美容室など生活サービス店は、6万8002店から5万4529店と3473店、5・1%の減少となった。
コロナウイルス対策として在宅勤務を実施する会社が増えて外食の機会が減り、外出自体も減ったことから利用者が激減、赤字に耐えきれず廃業する店が増えたと見られる。8月にコロナウイルスの感染が再拡大、多くの外食店・レジャー施設が営業規制を受けており、7月以降さらに廃業する店舗が増えるのではと懸念されている。

2020-09-16 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
新中国連邦は中共消滅闘争の灯台
【新連載】ソウルを東京に擬える 第1...
政変前夜の韓国 大統領選はあるのか
朝鮮学校の高校無償化除外裁判
デイリーNK・高英起の 髙談闊歩 ―...
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
「東洋哲学」の問題
「ニュー・ノーマル」はノーマルなのか?
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
自由統一
金正恩資金を守る文在寅の外交安保特補
金日成王朝3代 世襲独裁の末期症状
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません