ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年09月09日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
SNSでコロナ禍を乗り切る 
韓日で互いに励まし合う動き

 世界的にコロナウイルスの収束が見通せないなか、韓国では8月30日から社会的距離のステップ2・5が始まり、日本でも首都圏の新規陽性者数は依然高止まりを見せ、営業自粛も引き続き行われている。そんな状況下、互いにSNSで励ましあおうという動きが活発になってきた。日本でもSNS利用者が増加している。

 韓国に住む主婦が「#自主的自己隔離」というハッシュタグで、子どもたちと家で過ごす写真を自分のソーシャルメディアに掲載した。「みんな一緒に頑張ろう」という思いからだったが、これに同調する声が多く上がり、同じような書き込みが数千件を超えるまでになった。
何気ない日常の場面を写真で紹介し、「こんな時ほど頑張ろう」という応援メッセージが添えられているものがほとんどだ。子供と一緒に家で料理した写真や、リビングルームにテントを設置して、キャンプの雰囲気を出した写真などが並ぶ。
これは日本でも同様だ。SNS利用が韓国ほど活発ではなかったものの、4月に4000人を対象としたコロナウイルス感染症拡大防止に伴う外出自粛に関するアンケートで、「SNSを利用する時間は増えたか」の問いに、「すごく増えた」または「増えた」と回答した人が34・5%にのぼった。
SNS上では家族と過ごす工夫が数多く紹介されている。たとえば、家族との「シェア時間割」の活用や、意外にも盛り上がった遊びの紹介などだ。
不自由な生活や窮屈さを感じているのは、両国とも同じだ。互いに励ましあう韓日のSNSが、ふとしたことでそれぞれの目に留まり、両国民の気持ちがさらに近づくきっかけになればと願う次第である。

2020-09-09 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
文政権のレームダック化 顕著に
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません