ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年09月02日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ~新番組「風の絵師」

多くの韓国画を残したキム・ホンド(左)、存在に関する資料がほとんどないシン・ユンボク。2人の絵に秘められた愛とその運命を描く©SBS

 実在した天才絵師の生涯をフィクションで描いた話題作。パク・シニャンとムン・グニョンがそれぞれ、朝鮮時代の画家キム・ホンドとシン・ユンボクを演じる。ドラマ『パリの恋人』で主題歌をヒットさせたチョ・ソンモが本作の主題歌を担当したことも話題に。
キム・ホンドとシン・ユンボクという実在した人物たちの物語に、小説『風の絵師』における「シン・ユンボクは男装の麗人」という設定が加えられた。
また、歴史的人物たちのビハインドストーリーがミステリー要素を交えて描かれたことで「フィクション推理時代劇」という新ジャンルが生まれるきっかけにもなった作品だ。

◆ストーリー

18世紀の李氏朝鮮時代。王室の画事を担う図画署は、絵師を目指す生徒たちで活気にあふれていた。ある日、問題児だったシン・ユンボク(ムン・グニョン)は一人で写生へ出かけ、山奥の家で女性を見かける。夢中で盗み見ながら筆を走らせるが、彼女に気づかれてしまい逃げ出す。その女性は秘密裏に宮中を抜け出した王大妃であった。その事実が正祖に知られることを恐れ、描き手を探し出すことに。その頃、キム・ホンド(パク・シニャン)は山で虎を描いていたが、虎に近づき過ぎたために…。

◆放送予定

9月14日(月)スタート、月~金、午後3時~4時15分(第1話・第2話・第4話は拡大)、全20話。9月21日(月)深夜から再放送あり。KNTVで。

2020-09-02 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
文政権のレームダック化 顕著に
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません