ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年09月02日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大統領に朝鮮時代の「上疏文」
国民請願に1日で30万人が同意

 青瓦台の国民請願掲示板で、朝鮮時代に王に送る「上疏文」形式のトピックが大きな話題を呼んでいる。国政の責任者・文在寅大統領に直言する形の文体であり、1日9時現在で約41万人が同意している。掲示期間は9月26日まで。しかし、このトピックは一時、国民請願のページ上での検索が不可能となっていた。青瓦台があえて表示されないよう操作したのではないか、との指摘が相次いだため、現在は検索が可能となっている。
このトピックのウェブサイトのURLは(01http://www1.president.go.kr/petitions/Temp/MYVsJv)だ。
トピックの投稿者について、韓国日報は「仁川に住む30代の世帯主」であると報じた。投稿者は、大統領への手紙という形式で政府の実態を風刺し、多くの国民から賛同を得た。トピックの投稿から1日で30万人が同意したことがそれを裏付けている。青瓦台は、本トピックの投稿から2週間は非公開としていたが、URLを入力する形での閲覧が増え、公開へと切り替えた。
1日で30万人が同意した青瓦台国民請願のトピック(HPより、8月26日)
 投稿者は、大統領に七つの提言を行った。一つ目は、税金問題の解決だ。投稿者は「富裕は罪ではないのに所得の半分を奪われ、企業を運営すると財閥だという理由で根こそぎ奪われ、複数の不動産を所有する人は積弊だとして住宅価格の安定のために奪われ、不動産を一つ所有する人は公示価格を上げられて奪われ、生涯を通して村を守った高齢者は高級家屋に暮らしているとして奪われた」とし、現政権の税制、富裕層と貧困層で二分化させる仕組みを風刺した。文政権の失政に対し、間接的な表現で批判した。
このほか、▼2条、感情より理性を重視する政策を展開せよ▼3条、名分よりも実利を重視して外交に臨め▼4条、人間の欲求を認めよ▼5条、忠臣を選べ▼6条、憲法の価値を守れ▼7条、自ら率先して一新せよ、などを挙げた。
投稿者はまた、6条の中で文大統領を痛烈に批判した。その内容を読むと「当事者なら震え上がるだろう」と思わせるほどの厳しさだ。投稿者は6条で「(文大統領は)憲法に依拠して大統領にのし上がり、自ら憲法の価値を棄損して(憲法に)摘示された条項を無視し、憲法が警戒する”万事可能な権力”を振りかざした」と記載した。
投稿者は最後に「『葛藤と分裂の政治を終わらせる』という陛下(大統領)の就任辞を小生(自分)は覚えている。陛下が語ったろうそくの力は永遠かつ万能であり、その終焉を知る術はない。ぜひ一新させ、葛藤と分裂の政治を終わらせてほしい」と述べた。スペースを除いて1万字を超える長文にも関わらず、閲覧者と請願同意者は増え続けている。

2020-09-02 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
文政権のレームダック化 顕著に
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません