ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年08月29日 19:28
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
世界韓商大会、コロナの影響で中止に
4000人が集まる韓民族イベント

昨年度の世界韓商大会( 全南・麗水)

「第19回世界韓商大会」が、新型コロナウイルスの影響で中止となった。本来であれば今年10月28日から30日にかけ、釜山で開催される予定だった。

在外同胞財団(韓佑成理事長)は先月10日に開かれた「世界韓商大会第37回運営委員会」で、新型コロナウイルスの懸念が続いていることと感染の再拡大、それに伴う参加者の安全問題、出入国時の隔離措置継続などを踏まえ、大会の中止を決定した。

世界韓商大会運営委員会は、在外同胞経済団体長と国内の関係機関によって構成されており、韓商大会に関する主要案件を決定する組織だ。

財団の韓佑成理事長は「今年は世界韓商大会の開催が叶わず残念だ。しかし、韓商大会のプログラムであるリーディングCEOフォーラム、世界韓商大会運営委員会、ヤングビジネスリーダーフォーラムと常時ビジネス支援は継続する方針」と語った。
世界韓商大会は、韓商と国内のビジネスマンらおよそ4000人が参加する韓民族最大のビジネスネットワークイベントで、在外同胞財団が毎年韓国国内の地方自治団体と共催している。昨年の全南・麗水大会では、海外から790名、国内から3692名が参加した。(ソウル=李民晧)

뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
金大中・三男の目に余る「積弊」
文政権のレームダック化 顕著に
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません