ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年08月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
苦境に立つ個人経営店 
休業要請のなか「営業せざるを得ない」

 コロナ禍で飲食・遊技業などの余暇産業が苦境にあえいでいるが、苦しくとも営業せざるを得ないというのが実情だ。中でも、在日の基幹産業とも言えるパチンコ・飲食店は、とりわけ困窮した状況に追い込まれている。
休業要請に応じないパチンコ店などが物議をかもしたこともあったが、現実として、わずかな休業が文字通り「店をたたむ」ことになってしまう。
売上高が大きいため、儲かっているというイメージがあるパチンコ業だが、実際は経費の約80%は固定費だと言われている。これは、売上げが20%下がれば利益がゼロになってしまうということだ。
パチンコホール「後楽園」などを経営する尹一好氏は、「助成金に関しては可能な限り申請させていただいているが、全く追いつかない。金融機関からの返済を利息のみに変えたりしながら、何とかしのいでいる」と苦しい近況を語った。「雇用調整助成金が出ているため、スタッフの給料は払えているが、維持費だけで毎月数千万の出費がある。損失を埋めるため、少なくない額の私財を投じている状況」だという。
あるパチンコ経営者は、「売上げは3割減。コロナ禍は長期的なものだから、これから回復するというような希望もないと思う。パチンコは維持費や初期投資費がものすごくかかる業種なので、新しい試みも難しい。アニメ機種など、最近の若者の関心を引くよう努力してはいるが、衰退は避けられない」とコメントした。
遊技機の毎月のリース費用がかさみ、家賃は数百万円。国の休業補償では焼け石に水だ。
一方、飲食店も同じく苦境に立たされている。飲食店はとりわけ損益分岐点比率が低くなりがちな業種だ。もともと営業利益が小さく、体力のない個人経営の飲食店などは、1カ月の休業が致命的な損失になり得る。
「焼肉李苑」などを経営する姜在根氏も、「状況はかなり厳しい」と言葉を濁した。
姜氏は、「8月の感染者急増を受け、売上げが再び落ち込んだ。特に、クラスター源として叩かれた新宿近辺の店舗は通常時の1割」と淡々と述べた。会社員がターゲットでもあるので、テレワークで外出しない状況もダメージが大きい。デリバリーやテイクアウトなども行っているが、やはり店舗に来てもらうことを前提に考えた業界なので『withコロナ』が難しい。正直、持久戦です」と語った。
コロナによる自粛期間中、休業要請に従わない経営者が厳しい批判にさらされることもあったが、「それでも店を開けざるを得なかった」というのが実情のようだ。
緊急事態宣言は解除されたものの、現場の苦悩はまだまだ続きそうだ。

2020-08-26 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
文政権のレームダック化 顕著に
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません